パワー練に参加するまで

本日は長女と二人焼き肉をしてきて、なんとなく幸せな私です。

あ、プロフィール画像も変えました。ニャンコ先生、好きなんです。

前回お話したように、昨年12月に参加したナントカ練の後は、結局HMSに戻って4ヵ月間通い詰めていました。

中級でも先頭から数番以内の位置で走っていたので、上級に参加しようと思っていたけど、ものの数秒で予約が埋まりきってしまうのでまったく参加できません。しょうがなく、中級クラスや直パイコース、コースラコースなどのクラスをうけつつ過ごしていましたが、それはそれで居心地がよかったです。知り合いもいて、レンタル車両で、昼ご飯もついて家からも20分で通える場所だし。

先延ばしにはしていましたが、そろそろ始めなきゃ、と思ったのが4月でした。

HMSはレンタル車両だったので、自分のバイクでのコースラに慣れるためにまずはスラロームマニアというものに参加してみました。

これが結構おもしろかった。何より自分のバイクでがんばって走る、というのは楽しいモンです。ここらへんでスイッチが入りました。

5月の最初にパワー練があったので社長のブログに参加表明してタイヤもツーリングタイヤであるエンジェルGTからα14に変えて毎日わくわくしてましたが、当日は雨で中止。そうして出鼻をくじかれてしまいましたが、その翌週にはサンメドウズ練習会にエントリーしてたので気を取り直します。

ところが、ミーティングやコース設置を済ませてからいざ走ろうとしたらアイドリングがあっというまに下がってエンストします。

自分のZ1000はアイドリングスクリューがあるのでなんとか調整を試みてもあっというまにエンスト。アクセルを開け続けていれば大丈夫だけど、戻すとエンスト。

そんなふうに四苦八苦しているときに話しかけてくれたのがずるむけさん。かれがジムカーナでの最初の知り合いとなりました。心配してくれてありがとうございました。

参加している人が次々とコースラやタイムアタックに向かうそばで30分ほど健闘してましたが、諦めました。アクセル閉じてすぐにエンストするようだとコースを走っていて危ない。

ぴたさんに帰ります!と宣言して泣く泣く中央道を戻って家につくと何故か直っているアイドリング。高所だから?あとで調べてみると単純なECUエラーだったようで、しばらく待っていたら直っていた可能性が高く、実にもったいないことをしました。

翌日の日曜日には2回目の参加となるスラロームマニアの申し込みをしていたので、気を取り直して参加してみたらバイクの調子もいいし、新しく変えたα14も調子いい。なにせグリップがまったく違います。ツーリングタイヤからハイグリップタイヤに変えたので驚きと感動が半端ないです。

2回目のスラロームマニアに参加する前にツイッター経由で声をかけてくださったのがきむにいさんで、当日はスタッフとして参加されておりました。

冒頭の写真で、自分の後ろに背後霊のように写っているのがきむにいさん。

それほど多くはお話しなかったけど、その後自分にとっての初の大会となるD2杯含めお世話にになりっぱなしです。

この場を借りて感謝したいと思います。