山中慎介、13へ半歩下がってジャブ打つ意識徹底

山中慎介、13へ半歩下がってジャブ打つ意識徹底7/5(水)6:03配信

7

報知新聞社後援プロボクシングワールドプレミアムボクシング世界バンタム級535キロ以下タイトルマッチ12回戦山中慎介ルイスネリ8月15日島津アリーナ京都

プロボクシング世界バンタム級王者山中慎介が長距離砲で相手との間合いを制し、連続防衛日本記録に並ぶ。都内の所属ジムで4日、同級1位ルイスネリとの13度目の防衛戦報知新聞社後援に向けたスパーリングを開始。距離が近づくと回転の速いパンチを打つ挑戦者対策として、今までより半歩下がってジャブを打つ意識を徹底。自らの距離で戦い、元世界ライトフライ級王者具志堅用高氏の13に肩を並べる。

伝説の記録13へ向け、山中がいよいよスパーリングをスタートさせた。フィリピンから招いた世界バンタム級14位マイケルダスマリナスと同級の国内王者グレンスミンゲの2人を相手に4回を消化。軽快な動きを披露し、いい初日やったと思うと、うなずいた。

今日は右のジャブを意識したとの言葉通り、代名詞の神の左をほとんど使わず、右ジャブを何度も繰り出した。その理由は13戦が距離感がすごい大事になってくるからだ。挑戦者のネリは攻撃力が高く、大和心トレーナー41は距離が詰まると回転が速まって、どんどん打ってくる。相手の距離になればやられると解説する。

この距離感は、山中いわく普段より半歩遠いくらいでピッタリくる。ジャブを強く当てるのではなく、触れるくらいの感覚でもいい。より長距離からジャブを放つ意識を徹底することで体が前に突っ込まず、ネリの間合いで戦うことを防ぐことができる。また今回はジャブの差し合いで負けてはいけないとジャブの出どころの高さを変えるなどして工夫している。

試合は夏真っ盛りの8月15日に行われ、対策もバッチリだ。知人から提供されたという熟成黒ニンニクと、ボクサー用に糖分と塩分を抑えたショウガの酢漬けを毎日のように食べているという。おかげさまで体調もいい。ジムワークはこれからが勝負と、ここからピッチをさらに上げていく。三須慶太

さすがチャンピオン

バランス成功!

ぴょん吉

この写真のチャンピオンのように打たな

真似しろ

ほなな

武市晃輔

OPBF東洋太平洋ミトル級タイトルマッチ12R

チャンヒオン

太尊康輝(六島)

VS

チャレンシャー同級14位

ロックハートフラントン(森岡)

OPBF東洋太平洋ハンタム級タイトルマッチ12R

チャンヒオン

WBC世界ハンタム級8位IBF世界ハンタム級8位

マークションヤッフ(六島)

VS

チャレンシャー同級2位

WBC世界ハンタム級13位IBF世界ハンタム級9位

益田健太郎(新日本木村)

OPBF東洋太平洋スーハーウェルター級タイトルマッチ12R

チャンヒオン

IBF世界スーハーウェルター級13位

ラーチャシーシットサイトーン(タイ)

VS

チャレンシャー同級9位

ジャンホ織田信長書店ヘタシーニ(六島)

バンタム級8R

日本スーパーフライ級6位

向井寛史六島

vs

トーペットシットサイトーンタイ

チケット販売

30000円

リングサイド20000円

指定席15000円

指定席10000円

指定席7000円

立見当日販売5000円

お問合わせ先お気軽にお電話ください

六島ボクシングジム

大阪市住吉区長居東3-21-11

TelFax06-6693-0610E-Mailinfo610gymcom

夢まだ遠くてもvol1

8月13日(日)住吉区民センター

開場14時30分開始15時00分

バンタム級

ストロング小林佑樹(六島)

VS

小澤サトシ(真正)

Sバンタム級

OPBF東洋太平洋級13位

鯱ドラゴンズ敬太(六島)

VS

此村勇(堺東)

フライ級4

古谷昭男(六島)VS島川大器(堺東)

ミニマム級

加藤岳人(六島)VS嘉数力(ロマンサ)

10000

指定A8000

指定B6000

立見当日販売4000