チョコは甘くて苦いもの2

苦手な方はout

あの

おふろありがと

風呂から戻ったカズナリ。

オレのシャツを羽織って

所在なさそうにモジモジ。

相変わらず俯き加減だし。

おお。

体、あったまったか?

さっきも

濡れた髪がジャマをして

顔がよく分かんなかった。

だけど今は

その黒髪がふわふわでさ、

えっ、な、何っ?

いや、別に

なんだよ。

結構、美人だ。

顎を掴んで、くいっと

オレの方を向かせたら

思いのほか綺麗な顔で

なんだかドキッとした。

いや、だけど

美人はおかしいか。

ほら、座れ。

コーヒー淹れたから

うん

そんなことより

これからどうすっか、だ。

コイツの様子から察するに

家を飛び出してきたんだろ。

例えば

親とケンカして、とか。

まぁ、他にも理由は

あるかもしれねぇが。

帰らせんのは

難しいか?

聞きたいことはあっても

答えやしねぇだろうしな。

うーん。

だけど、このままじゃ

親御さんも心配するし。

説得。

できるかぁ?

うち

誰も居ないんだ

色と考え込んでたら

カズナリが口を開いた。

両手でカップを包んで

親指がその淵をなぞる。

その仕草が

物悲しくて

またオレの胸が騒いだ。

居ないって

居ないの誰も。

帰っても俺、ひとり

おおそうか

さっきも思ったけど

コイツの声さ。

ちょっと鼻にかかってて

甘えてんのか気怠いのか。

その狭間で頼りなく

ゆらゆらしてる感じ。

やけにクるんだ。

心配しなくても

これ飲んだら帰るよ

あ?

迷惑かけて

ごめんなさい

そう言ってコイツは

フッと淋しそうに笑う。

その顔が

何時頃

帰ってくるんだ

えっ?

家の人だよっ。

何時に帰ってくるっ?

どうしても

放っておけない

ああの

帰っては来ない

は?帰ってこない?

父さん仕事で

月の半分は家に居ない

母ちゃんは?

母さんは

去年事故で

分かった。

そっか

コイツ

オレと同じなんだ。

母ちゃんを亡くして

何の気力も無かった

あの頃のオレと同じ。

だからこんなに

泊まってけ

胸が騒ぐんだよ

えでもっ

いいからっ。

帰っても1人なんだろっ?

そんなん淋しいだろ

独りぼっちで食う

メシの冷たさとか。

誰の声もない家に

訪れる夜の闇とか。

そんなのをコイツに

これ以上、

味あわせたくは無い。

この時は、ただ

そう思ったんだ。