幻想高麗郷奇譚ふうせん

いつの事だったか、イベントで年がいも無く風船をもらって来た事がある。

ガスが入っていて、ひもが付いている浮くタイプの風船だ。

私は少もてあまして、寝る前には1階の洗面室に浮かばせて置いた。

明日にはガスも抜けて床に落ちているだろうと思って。

翌朝、洗面室には風船の姿は無かった。

どこに行ったのかと家の中を探し回る。

すると、2階の私の部屋の隣接の納戸にガスが抜けている状態でころがっていた。

1階の天井に触れていたはずの風船が、どうやって2階のそれも私の部屋の隣まで来れたのか。

不思議な現象だ。