スパイダーマン:ホームカミングの簡単な感想【ネタバレなし】

月曜が映画安く見れるので、ミニオンとどっちを見ようか悩んでスパイダーマンの方を見てきました。

スパイダーマンって、いろいろやっている。

前にやっていたのは、『アメイジングスパイダーマン2』。

今回のスパイダーマンアベンジャーズシリーズのスパイダーマン

慣れていない人はわけわからなくなるよねww

で、シリーズ1作目と思いきや、実は、前のキャプテンアメリカの話があってからの話になるわけだ。

アベンジャーズ関連はいろいろ複雑になってきて、一見さんお断り状態になっちゃいそうだな。

さて、映画の方ですが、面白かったです。

今までの他のスパイダーマンシリーズと比べると毛色が違う作品になって、どっちかというとノリがちょっと軽くなっているかな?

それは、主人公の属性もあるだろうけど、トニー・スタークというキャラがいる影響なのかもね。

アクションはほぼCGなので若干不自然に見えるところもあるけど許容範囲内だし、地味なところだけど、ヒロインとパーティーのパートナーになった後の笑顔になるシーンとか、車中の1対1の会話とかが気に入っています。

あと、吹き替えのキャストは声オタなら結構楽しめると思う。

後から、あのキャストが出てたんだ。て、思う。

いやあ、大川さんの演技いいわあ。

このシリーズが続くなら、見続けてもいいかなあ。

ただ、アベンジャーズになってくると、考えてしまうなあ。

最後に、エンディングはアニメーションの方が終わるまでまった方がいいですよ。

おまけ映像がありますよ。